主婦だってスロット打ちます

私は40代のパートのおばさんですが、昔旦那に教えられてすっかりパチスロにはまっています。
その旦那とは離婚したので、今は一人で生活費を稼ぐためにパート終わりの夕方からホールに出撃します。
この日も朝から晩ごはんの支度を済ませてパートに行き、仕事終わりに行きつけのホールに行きました。
私は難しいAT機や目押しの必要なアクロス系ではなく、もっぱら誰でも楽しめるジャグラー専門です。
私はゴーゴーランプが光ればボーナス獲得という単純さ、いや奥深さにすっかり虜となったのでした。
さっそく店内を循環し良さげな台を探しつつ、常連のおじさんやおばさん達と挨拶がてら情報をゲットします。
この日はイベントではなくあまりお客さんはいませんが、アイムの島がこましに見えました。
そして約3000Gでビッグ7レギュラー15といわゆるバケ死の台をゲットしました。
このお店は貯メダルが500枚、つまり1万円まで再プレー可能です。
打ち始めの回転数は350とややはまり台ですが、とりあえず500枚以内にビッグが引けたらいいなという気持ちで打ち初めました。
するとわずか50枚でペカリましたがレギュラーでした。
慌てる乞食はなんとやらという諺もあり、とりあえずコーヒーを買って一息ついて連チャンを期待します。
ところが出玉ペロッとのまれた上、たった60Gしか回らなかったのです。
私は当たらないのは嫌いですが、回らない台はもっと嫌いです。
なぜならアイムは設定6のみブドウが6.18で、回らないといくら合作が良くても5以下が濃厚になるからです。
まあ今日はイベントでもないし、6なんてあるわけないと気にせず打ち続けました。
それに100Gほどで分かるわけもありませんしね。
しかしそういう油断が台に伝わったのか、また300はまってしまいました。
私の持論として、良い台は連続して300はまる可能性は少ないのでかなりピンチです。
次の当たりは再プレー上限の500枚目、330Gに再びペカリまたまたレギュラー。
これで連チャンしなかったら撤退かなと考えてた矢先50Gで待望のビッグが当たり、ここから流れが変わります。
30Gまでの即連ビッグが3回続き、一気に1000枚近くゲットしました。
更に引き戻しと言える130Gでレギュラーを引き、ビッグが2回付いて来ました。
これで1500枚ほどゲットしたので100Gまで回してこの日は勝ち逃げしました。
投資500枚獲得1300枚と800枚ほどプラスで実践終了です。
私は愛する娘が待っているので、パートの主婦のスロット生活はこんな程度で十分ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です