困ったときはデデンデデデン

ある週の土曜日、私は友人とパチンコ店に向かった。
友人はスロットの最新機であるリゼロが打ちたいとのことでスロットをプレイ予定。
私は目押しが苦手でスロットはあまり好まない傾向にあることからパチンコへ足を向けました。
軍資金はお互い二万円。
これ以上突っ込むと収まりがつかなくなることが二人ともわかっているのです。
最初は無難に北斗無双。
現行機種で一番ボーダーが甘くどの店でも主力機種として稼働しています。
700回はまりしている台があり、そろそろ当たるんじゃないのかと思い着席。
20回転程して赤保留が出て決戦リーチへ。
幸先よくあたると思ったリーチを外し、なんだか当たる気がしません。
北斗無双はリーチはいると裏ボタン押すタイプなんですが、中々確定音が聞こえず8000円ほど投資した段階で台移動。
なんだかその日は北斗無双が勝てそうになかったので当たりの軽いCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアを打つことに。
開始3000円ほどで手紙からのデュランダルで大当たりを引きました。
総投資1万1千円のだんかいだったのでまだ′だ全然まくれる段階だと思い期待していたのですがシンフォギアチャンスがクリス4の翼1というどう考えても当たらない流れ。
対して期待していませんでしたが当然のごとく負けていく姿を見ていくと悲しい気持ちに。
案の定当たらず左打ちに戻すことに。
そしてシンフォギアに合計1万円突っ込むもその後も特にあたりはなく、残金は2千円に。
このままではまずいそう思ったときにこう継続なんてやってるから少ない出玉で終わるリスクがある。
CRターミネーター2で一回最低2000発ずつ出せばしょぼ連で終わってもまだ傷が浅いと思いました。
私がすでに座った段階で200回転ほどされており、覚悟を決めて着席。
1500円ほど投入した段階で青保留のしょぼいリーチがなぜかそのまま当たることに。
2000発出たので少し回復。
ただこのまま終わってはただ負けて終わりなので時短抜け後そのまま続行。
時短抜け後50回転ほどでまた弱いリーチから大当たり。
引き戻し26%なので難しいと思っていたら引き戻しに成功。
この時点で合計8000発の出玉なので収支として勝てることに。
そこで運よく二度目の時短の引き年に成功。
流石に三度目はなかったですがこの時点で出玉を14000発ほどにすることに成功し、等価のお店なので56000円ほど頂きました。
友人が負けたので焼肉をおごりましたが、4万円ほど勝つことに成功し、気分良く終わることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です